株式会社ユネット清風薬局創業30周年記念コンサート
指揮 後藤 龍伸
1964年東京に生まれる。幼少時代をブラジルのサンパウロで過ごし、州立大学の特設講座にてヴァイオリン・和声・対位 法を学んだ。1975年にサンパウロ市ベスト・アーティスト賞受賞。都立芸術高校を経て東京芸術大学入学。在学中に「ヴァンガード四重奏団」を結成、ヴァ イオリン、ヴィオラ、編曲、作曲を担当。1993年にカーニバルカンパニー・カメレオンオーケストラ(C3O)を橋爪恵一、山田武彦と共に結成、パス ティーシュと即興の技巧を駆使した新しい様式を確立した。1987年よりCOBAのライブやレコーディングに参加。東京シティ・フィル、新星日本交響楽 団、九州交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターを経て、現在は名古屋フィルハーモニー交響楽団のコンサートマスターと、日本セン チュリー交響楽団コンサートマスターを兼任。日本作編曲家協会、三島由紀夫研究会会員。名古屋音楽大学教授。 福岡においては、ミュージックステーション福岡特別講師をつとめ、リベルタ・グループで即興やジャンルを超えた演奏を展開。九大フィル、 OBフィル、福岡市民オケ、久留米市民オケ、その他のトレーナーを務める。2002年より3回にわたって、フィルハーモニア福岡の定期演奏会を指揮。 2005年よりフッペル平和記念鳥栖ピアノコンクールの本選および受賞記念コンサートなどにて福岡室内合奏団を指揮。九州室内管弦楽団メンバー。
ピアノ/ボーカル  石塚 まみ
東京生まれ。3歳からピアノと戯れ、弾き語りも始める。国立音楽大学ピアノ科卒業後、中学校教員を経て、現在はピアニスト・ボーカリスト・作曲家として「人々の心が温かくなる音楽」を発信中。自由奔放かつ美しく繊細なピアノとボイスが紡ぎ出す“まみワールド”は、ジャンルを越えて多くに人たちに感動を届けている。 戦地ビルマからの祖父の絵手紙をテーマにした『ビルマからの便り』、自叙伝的アルバム『思い出の空』他多くのCD作品をリリース。2018年11月にリリースしたアルバム『Spanish Sentiment』は楽曲、演奏、音、全てに高い評価を得て好評発売中。精力的なライブ活動のほか、CM制作、アレンジやプロデュースの実績も数多い。ライフワークとして国内外でのスクールコンサート&施設等での演奏も続けている。渡辺真知子(Vo)のステージではピアニスト&バンマスを担当。最近では女優・中井貴惠の「おとな絵本の朗読会」シリーズで、朗読とピアノで織りなす新たな音世界を展開している。熊本とは25年以上前からご縁があり、県内の市町村歌の歌唱&CD収録やコンサートに多数出演。人吉との出逢いは2004年、清風薬局主催コンサート『ミャンマーの風』の出演を機に、毎年演奏に訪れている第二の故郷である。https://maming55.wixsite.com/mami
コンサートマスター 原 雅道
国立音楽大学卒業と同時に新日本フィルハーモニー交響楽団に入団。同団を務める傍ら室内楽の演奏会などにも多数出演。他のプロオーケストラ及び室内合奏団のゲストコンサートマスター、ゲストトップ奏者として多数招かれている。クラシック音楽以外の活動も多く様々なジャンルのアーティストとのCDレコーディングやライブ活動、及びTV、映画音楽やコマーシャル等のスタジオワークに参加。服部克久率いる東京ポップスオーケストラメンバー。また日本大学、立教大学をはじめ各地のオーケストラや後進の指導にも当たる。ヴァイオリンを諏訪晶子、徳永二男、室内楽をヘルムート・バルト、ディビット・テイラーの各氏に師事。2007年1月より九州交響楽団アシスタントコンサートマスター。2012年4月より九州交響楽団アソシエートコンサートマスターとしてコンサートマスター、セカンドヴァイオリントップ、アシスタントコンサートマスターと三役を務めている。
オーケストラキュレーター/チェロ 宮田 浩久
東京藝術大学音楽学部器楽科入学。チェロを故堀江泰、三木敬之の両氏に師事。宮城県仙台市生まれ。 フランスに渡り故ポール・トルトゥリエ、フィリップ・ミュレール、ベルリンではオットマール・ボロヴィキーの各氏に師事。帰国後東京交響楽団をバックにドヴォルザークのチェロ協奏曲で、札幌、仙台、長野にてデビューを飾り好評を得る。1985年より室内楽の分野にも活動を広げ、ロワール弦楽四重奏団を結成し、日本の若手で初めてベートーヴェンの弦楽四重奏曲全17曲を6年かけて演奏(音楽之友ホール)。またオーケストラの分野では、神奈川フィルハーモニー、広島交響楽団、大阪センチュリー交響楽団の客演首席チェロ奏者も務める。葉加瀬太郎との共演の他、ジャズの分野では、坂田明、山下洋輔、 佐藤允彦、中本マリ、 シャンソンの分野では嵯峨美子、石井好子との共演、 録音がある。 約20年、九州交響楽団首席チェロ奏者として活躍後、現在九響チェロ奏者をはじめ、ソロ、室内楽など幅広く活動している。1999年には、ハイドンの協奏交響曲を 九州交響楽団と協演。 2001年、日本でも演奏されることの少ない、チェロと吹奏楽のための協奏曲「カサノバ」を 西部航空自衛隊吹奏楽団と九州初演を果たした。 熊本大谷楽器店特別講師、長崎大学非常勤講師。